OTAKENSERVICEオタケンサービス

商品カテゴリー

TKC-352 フルトヴェングラーのザ・グレート(1953.9.15)蔵出し独協会ステレオ盤より復刻!



型番 TKC-352
定価 2,530円(内税)
販売価格 2,400円(内税)
購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

作曲家シューベルト 1 - 4
ウェーバー 5
曲目交響曲第9番 ハ長調 D.944 「ザ・グレート」
1 アンダンテーアレグロ・マ・ノン・トロッポ
2 アンダンテ・コン・モト
3 スケルツォ・アレグロ・ヴィヴァーチェ
4 アレグロ・ヴェヴァーチェ
5 歌劇「魔弾の射手」序曲
演奏者
楽団,合唱団ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
指揮者ヴィルヘルム・フルトヴェングラー
録音1953年 9月15日 1 - 4
1952年 12月8日 5
音源,原盤F670.027〜8M
コメント蔵出し独協会盤よりステレオ復刻!
 今回53/9/15の「ザ・グレート」のレコードは、N氏より提供されたもので、未通針と思われる 蔵出し独協会盤です。
レコードに起因するプチノイズはごくわずかで、音も、きわめてしっかり入って おります。
しかし、このたび驚いたのは、復刻しようと当レコードの封を開け、レーベルをチェックする と、そこに小さくSTの2文字が。
もしかしてと思い、ステレオ・カートリッジで再生すると、予想した 通り、ステレオで再生されるではありませんか!
 もちろんオリジナルがステレオであるとは考えにくく、 疑似ステレオには違いありませんが、しかしそれにしてもしっかり分離し、細部がほぐれて聞こえる のには驚かされます。
当盤は独エレクトローラ社のプレスで、おそらくエンジニアが独協会の指示か その了承のもとに、ブライトクランクの技術を使ったものと推測されます。
 さて、当演奏の既出CDは、リマスターが強烈で、小生には音も冷たく演奏も死んだように聞こえ ておりましたが、当盤で聴くと、音、演奏の総合点で同曲中、51年のグラモフォン盤をわずかに凌駕 するか、少なくともベストを競うものになったのではないかと思われ、長く座右に置いていただけるものと、 存じ上げる次第です。
太田 憲志