OTAKENSERVICEオタケンサービス

商品カテゴリー

TKC-361 ピアノ協奏曲 チャイコフスキー 第1番  ラフマニノフ 第3番 クライバーン(ピアノ) ディレクターズカット盤より復刻!!(タスキ修正有)



型番 TKC-361
定価 2,530円(内税)
販売価格 1,800円(内税)
購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

作曲家チャイコフスキー *
ラフマニノフ **
曲目 ピアノ協奏曲 第1番 *
ピアノ協奏曲第 3番 **
演奏者 ヴァン・クライバーン(ピアノ)
楽団,合唱団RCA交響楽団 *
シンフォニー・オブ・ジ・エア **
指揮者キリル・コンドラシン
録音1958年5月30日 ニューヨーク,カーネギー・ホールでのスタジオ録音 *
1958年5月19日 ニューヨーク,カーネギー・ホールでのライブ録音 **
音源,原盤米RCA音源の白レーベル非売品見本盤 *
米RCA音源の鏡面CD **
コメント クライバーンのチャイコフスキー、蔵出し未開封
ディレクターズカット盤より復刻!!
 レコードにおけるディレクターズカット盤とは、量産プレスに入る前に、関係者 に配布される手焼きの試聴盤のことで、昔から通常プレス 盤より音が良いと言 われて来ました。
 今回入手したクライバーンのチャイコフスキーはそのディレクターズカット盤で あるばかりか、蔵出し未開封品です。この度、又とないチャンスを生かすべく、 処女通針の一発録りを敢行致しました。はたして結果は? 予想をはるかに 上回るものでした。従来アメリカ録音盤にはLP、 CDを問わず、例えそれが日本 プレス製であれ、ある種の粗っぽさがあったのですが、それが皆無であること。 それに伴い、アメリカ録音盤がいわゆる“本場物の代用品”の立場を返上し、 独自の地位を獲得したことは、今回の主な成果と言えましょう。実際、この音で 聴きますと、アメリカンドリームの申し子のように思われ、とかく外面的なことが 語られることの多かったクライバーンが、実は確かなテクニックによって、新しい 時代の知性に照らしだされたチャイコフスキー像を、しっかりと打ち立てていた ことが如実に理解出来ます。
尚、余白に入れましたラフマニノフの3番は、以前評判になった鏡面復刻CDで、 これ又、リアルな音で名演奏をお楽しみ頂けると存じます。
                   オタケンレコード  太田 憲志